マンションを売る際に気を付けるべきことについて

相続したマンションを売却

父が病気のため亡くなり葬式をあげた後で親族と遺産分割協議を行った結果、父が所有していたマンションを私が取得することになりました。
このまま所有を続けて何かあったらそこに引っ越すのも悪くはないと思ったのですが、大変なことが色々あることが分かったので思い切って売ることにしました。
まとまったお金が欲しいという理由もあったのですが、その方が良いと友人からも勧められたのでこれから先のことを考えて全て売ってしまった方が良いと思いました。
ただマンションを売るにしても欲しい人に勝手に値段を付けて売却するわけにも行かなかったので、その点は色々と考えなければならず少し大変でした。
とは言っても何か特別なことをしなければならないというわけではなく、不動産会社に頼めば良いだけだったので精神的にはそれほどきついとは感じませんでした。
マンションを売却する際に一番注意したことは売却価格はどれ位であるかという点で、この件に関しては非常に重要なことなので特に気を付けました。

こんな話してたんだぁ。


豊洲移転延期で、環2開通せず等々あり。


・マンション売るタイミング逃した。

・豊洲という土地に風評もたらし資産価値どうなる?
・勝どき辺りはBRT期待してたのに。


などなど言われてしまいますよ。


余計な一言不要なのにねぇ。


https://t.co/nEwJLdDCZf

— 川松真一朗(東京都議会議員・墨田区・元テレビ朝日アナウンサー) (@kawamatsushin16) November 4, 2019

相続したマンションを売却 : 不動産会社で売却することができるか査定 : 相続したマンションを売却するために必要な手続き