マンションを売る際に気を付けるべきことについて

不動産会社で売却することができるか査定

相続したマンションを売却 : 不動産会社で売却することができるか査定 : 相続したマンションを売却するために必要な手続き

インターネットで信頼できそうな不動産会社を見つけていくら位で売却することができるか査定をしてもらったのですが、予想以上に高値を付けてくれたのでこの点はホッとしました。
あまりに安い価格であったら売るのを躊躇ったと思うのですが、予想していたよりも高く売れそうだったのでこの感じであれば良いのではないかと良い手応えを感じました。
しかしマンションを売る際に気を付けるべきことは売却価格という点だけではなく、仲介手数料や印紙代、登記費用に関しても注意をしなければなりませんでした。
納得の行く価格で売却することができても仲介手数料を払う必要があったので、その点は自分でも色々調べてどれ位払わなければならないのかよく調べました。
売却が決定し成約した際には売却価格に応じた規定の手数料を払う必要があるので、この点をよく考慮して依頼するところを決める必要がありました。
それに加えて少し厄介だったことは父にはまだ住宅ローンが残っていたことで抵当権が付いていたので少し複雑だったのですが、抵当権を抹消するための方法について不動産会社の人が丁寧に説明してくれたので助かりました。
抵当権を抹消するには少しお金がかかったのですが、住宅ローンと言ってもほとんど払っていて返済額はそれほどでもなかったのでホッとしました。
これがかなりの額の住宅ローンが残っていたら売却をしても手元に残るお金はあまりなかったと思いますが、殆ど返済していたのでこの点は本当に良かったです。

マンション 売る : マンション売却でありがちな10個の失敗と対策